魚を知ろう! | 大原港の釣り船なら【利東丸】

魚を知ろう! | 千葉県大原港の釣船【利東丸】

  • トップ
  • 初めての方へ
  • サービス内容・料金
  • よくある質問
  • 利東丸について

鯛はこう釣れ!

タックル

コマセマダイ

置竿中心のロングロッドと、手持ち中心のショートロッドがあり、最近人気が出てきているライトタックルは後者に含まれる。どちらも、胴調子で竿全体に粘りがあるタイプを使う。ロングでは3~3.6m、ショートでは2.1~2.7mが使われる事が多いが、使用するコマセカゴ(ステン缶)の重さ(60~100号)に合わせて、多少負け気味のほうが船の上下動による余計な動きや、コマセの出を制御できるので好ましい。リールは、PE3~5号を200m以上巻ける中小型電動リール、または両軸リールを使う。水深が深くない場合は電動でなくてもよいが、マメな手返しを心がけるためには、電動も有効な武器になる。

また、ライトタックルの場合は30~40号の軽くて小さいコマセカゴを使うので、小型両軸リールにPE1~2号を150m以上巻いたタックルでも十分戦える。但し、いずれの場合もドラグ性能が良く、ハンドルが小さすぎないリールを選ばないと使い勝手が悪い。

シャクリマダイ

手バネ竿とリール竿のどちらかを選ぶが、ここではリールシャクリについて説明する。1.5~2.4mで、胴に張りがある先調子気味の竿が適しており、専用竿以外では、スズキやコチの竿が向いている。また、イサキやハナダイのシャクリ竿も、胴が柔らかくなければ十分使える。リールは、PE2~3号が150m巻ける中小型両軸リールがベストマッチ。

エサ

コマセマダイ

コマセにアミ、オキアミを使い、付けエサにオキアミを使う。

シャクリマダイ

エビ(サルエビ、シバエビ、サイマキなど)を使う。

エサ

コマセマダイ

エサの付け方だが、オキアミの尾を切った切り口から丁寧に刺し、腹に抜く。このとき中心を外さない様にし、オキアミが真っ直ぐになるように刺す事。エサ付けが丁寧にできていないと、魚が食わないばかりか、水中で回転して仕掛けの絡みがひどくなってしまう。

仕掛けの投入だが、仕掛けが長いので、コマセカゴと天びんを先に投入し、リールのスプールに指を当てて回転をコントロールしながらハリスを送り込む。ハリまで残り1m位になったら、指を強く当ててスプールの回転を止め、エサの付いたハリを投げ入れる。

タナの指示は、地域や船長によって、上(海面)からだったり、下(海底)からだったりする。いずれの場合もコマセカゴまでの深さなので、カウンターではなく道糸の色(メートル表示)で、正確にタナ取りする。
指示されたタナよりも、ハリス分+クッション1m下の位置から2~3回に分けてコマセを振り出し、タナで止めてアタリを待つのが基本動作だ。しかし、外道の攻撃を避けたり大型を狙うために、全員でタナを合わせてコマセを振りすぎない方法もあるので、船長の指示に従うこと。

アタリは明確で、小さな前アタリの後、上下している柔らかい竿が一気に引き込まれたときに、竿先を上げてアワセを入れる。タイの口は硬いので、しっかりアワセを入れてハリを貫通させないとバラシの原因になる。
もちろん事前のドラグ調整は大切だが、強く引き込む時は巻き上げず竿でタメ、限界を超えた時にドラグが滑り出すような設定がベストだ。引きが弱まり、重さだけを感じる時はリールを巻いて主導権を取る。水面まで来ると比較的大人しくなる事が多いが、ハリスが長いのでテンションを緩めないようにして、最後まで気を抜かずに確実にタモ取りすること。

シャクリマダイ

エサの刺し方だが、エビの尾羽を切ってからハリを刺し入れ、腹または背に抜く。いくつかの装餌方法があるが、

・大き目のエビを親バリに刺し、小ぶりのエビを孫バリに刺す
・大き目のエビの頭と胴のつなぎ目に刺し、親バリを尾から刺す
・親バリを尾から刺し、孫バリは遊ばせておく

などが代表的。初めは、船長に刺し方を教えてもらったほうがいいだろう。投入は、まず豆テンヤを前方に投げ入れ、続いて中オモリ、鋳込み天びんを手前から沈める。船長が水面からのタナを指示する場合は、道糸を見て正確にタナを取る。大原地区のように、底まで鋳込み天びんを沈めてタナを取る場合は、底ダチ後ハリス分+α道糸を巻き上げてタナ取りする。
タナが決まったら次にシャクリ動作に入るが、シャクリにはいくつかの目的がある。

・エビを躍らせて魚にアピールする
・糸の弛みを取って道糸を張った状態にする
・テンヤが底を引きずっていないかどうか確認する

竿先を下げた状態からシャクリ上げて、素早く元の位置に戻してアタリを待つ。待ち時間は10~30秒で、この間にアタリが出たら鋭くアワセを入れる。タイの口は硬いので、しっかりとアワセを入れる事。魚が大きい場合は、特に最初のアワセの後、テンションを感じたら二度目のアワセを入れて確実にハリを貫く動作をすること。
ここで直ぐに巻き上げたいところだが、魚の食ったタナを道糸で確認してから巻き上げに入る事。それができればベテランの証。次の投入で底からタナを取ったり探ったりする必要が無いし、同じタナで魚が直ぐに食ってくる確率は非常に高いからだ。

あとは、よほど大型の場合を除いては、主導権を取り、魚の頭をこちらに向かせて巻き上げに入る。型が良く、ノサれた時はドラグを効かせて糸を出し、魚が弱るのを待つ。最後はハリスを手に取り、タモに魚が入るまで慎重に手繰り上げれば、海の王様(女王様)はあなたの物だ。

魚のさばき方

鯛(たい)

習うことより慣れですよ!
魚に触れてみるのが第一歩。コツがわかれぱ面白い。

魚をムダなくおろすためには、ぜひ出刃包丁を1本用意したい。大きさはいろいろあるが、刃先20㎝ぐらいの中出刃があると便利。カツオのように皮の堅い魚でも安心してさばける。また、刺身用に皮を引くときは日常使っている文化包丁を使えばいい。

ところで、魚をおろす楽しみは、新鮮な刺身を堪能すること。一尾を上身、下身、中骨と三枚におろすのが一般的だから、まずその基本を覚えておこう。

鯛
  1. 1.刺身にするならウロコを落とさずにおろそう。まずエラの内側のつけ根を切る
  2. 2.腹側を上にLた状態でエラのつけ根に垂直に包丁を入れ、左に回して切り離す
  3. 3.さらに魚を寝かせてエラぶたに包丁を入れ胴についている頭の付け根を切る
  4. 4.頭と胴を切リ離Lた部分から尾に向かって、刃先で腹に切り込みを入れていく
  5. 5.内臓を切り出す。頭側から手で引っ張ればきれいにはずせる(中を水洗い)
  6. 6.この時点で頭を落とす。胸ビレの下に斜めに包丁を入れてストンと切り落とす
  7. 7.身を剥がしやすくするため尾の付け根に切り込みを(下まで落とさない)
  8. 8.尾→腹に切れ目を。ウロコがついているので、刃を逆向きに使うとすべらず安全
  9. 9.頭と尾の向きを変え、背側に切れ目を入れる(こちら側は包丁は正しい向きで)
  10. 10.身をはずす。両側から中骨に向かって包丁を入れ、中骨の上は刃先ではずす
  11. 11.裏側も同様におろLて、上身、下身、中骨の三枚に。頭は別の料理に利用する
  12. 12.身についている骨を取り除く。包丁を骨の下に滑り込ませてすくい取る要領
  13. 13. 12.のように包丁を寝かせた状態から垂直に起こし、ストンと切り落としておく
  14. 14.刃の薄い文化包丁を尾側の皮と身の間に入れ、皮を引っ張りながら身をはがす
  15. 15.背身と腹身に分けてさく取り。腹身側に小骨や血合いを残して背身を切り離す
  16. 16.腹身側から小骨と血合いの部分を切り取る(血合いは汁物のダシに使えぱいい)
  17. 17.一枚をさく取りした状態。一尾のタイから合計4本のさくができることになる
  • 釣果速報
  • 仕掛けについて
  • ギャラリー
  • 魚を知ろう
  • 注意事項
  • 利東丸ツイッター
ページトップへ戻る